UbuntuLinuxで時刻/日付/タイムゾーンを設定する

Linuxシステム、特にcronジョブなどの重要なサービスでは、時間が重要な側面です。 サーバー上で正しい時間を確保することで、サーバーは分散システムで構成される健全な環境で動作し、職場での精度を維持できます。

このチュートリアルでは、時刻/日付/タイムゾーンを設定する方法と、サーバーの時計をUbuntuLinuxマシンと同期する方法に焦点を当てます。

現在の時刻を確認する

を使用して現在の日時を確認できます date そしてその timedatectl コマンド。 これらのLinuxコマンドは、通常のユーザーまたはスーパーユーザーとしてターミナルから直接実行できます。 これらのコマンドは、コマンドラインから間違った時間を修正したいときに見られる2つのコマンドの便利な有用性です。

dateコマンドの使用

rootユーザーとしてログインし、次のコマンドを使用します

$ date

出力

同じコマンドを使用して、2日前の日付を確認することもできます

$ date --date="2 days ago"

出力

2日前の日付を確認してください

timedatectlコマンドの使用

システムの時刻のステータスと現在の時刻設定を確認するには、次のようにコマンドtimedatectlを使用します。

# timedatectl

また

# timedatectl status

時間を設定する方法

時間の変更

を使用します timedatectl HH:MM:SSの形式を使用してシステム時刻を変更します。 HHは24時間形式で時間を表し、MMは分を表し、SSは秒を表します。

時刻を09:08:07に設定するには、次のコマンドを使用します(timedatectlを使用)

# timedatectl set-time 09:08:07

日付コマンドを使用する

時間を変更するとは、すべてのシステムプロセスが同じクロックで実行され、デスクトップとサーバーが同時に実行されることを意味します。 コマンドラインから、次のようにdateコマンドを使用します

# date +%T -s "10:13:13"

どこ、
•10:時間(hh)
•13:分(mm)
•13:秒(ss)

ロケールをAMまたはPMに変更するには、次の形式の%pを使用します。

# date +%T%p -s "6:10:30AM"

# date +%T%p -s "12:10:30PM"

変更日

通常、システムの日付と時刻は自動的に設定されます。 何らかの理由でdateコマンドを使用して手動で変更する必要がある場合は、次のコマンドを使用できます。

# date --set=”20140125 09:17:00”

そうなる セットする システムの現在の日付と時刻を「2014年1月25日」と「09:17:00 AM」に設定します。 あなたが しなければならない これを行うためのroot権限があります。

timedatectlを使用して、時刻と日付をそれぞれ設定できます。 使用できる形式は「YYYY-MM-DD」、「YYYY」は年、「MM」は月を2桁、「DD」は日を2桁で表します。

日付を「2019年1月15日」に変更するには、次のコマンドを使用する必要があります。

# timedatectl set-time 20190115

カスタム日付形式を作成する

カスタムの日付形式を作成するには、 プラス記号(+)を使用する

$ date +”Day : %d Month : %m Year : %Y”
Day: 05 Month: 12 Year: 2013

$ date +%D
12/05/13

%D フォーマットは次のとおりです 年/月/日の形式

必要に応じて、曜日の名前を入力することもできます。 ここではいくつかの例を示します :

$ date +”%a %b %d %y”
Fri 06 Dec 2013

$ date +”%A %B %d %Y”
Friday December 06 2013

$ date +”%A %B %d %Y %T”
Friday December 06 2013 00:30:37

$ date +”%A %B-%d-%Y %c”
Friday December-06-2013 12:30:37 AM WIB

タイムゾーンの一覧表示/変更

すべてがネットワークタイムプロトコルと確実に同期するようにする場合は、タイムゾーンを変更することが重要です。 最初に行うことは、コマンドを理解しやすくするために、list-timezonesオプションまたはgrepを使用してすべての地域のタイムゾーンを一覧表示することです。

# timedatectl list-timezones

上記のコマンドは、スクロール可能な形式を示します。

タイムゾーンを一覧表示

サーバーの推奨タイムゾーンは、夏時間がないためUTCです。 知っている場合は、特定のタイムゾーンで、次のコマンドを使用して名前を使用して設定します

# timedatectl set-timezone America/Los_Angeles

タイムゾーンを表示するには、

# timedatectl | grep "Time"

タイムゾーンを確認する

Local-rtcを設定します

ハードウェアクロックとも呼ばれるリアルタイムクロック(RTC)は、オペレーティングシステムから独立しており、サーバーがシャットダウンされても実行を継続します。

次のコマンドを使用します

# timedatectl set-local-rtc 0

さらに、現地時間の次のコマンド

# timedatectl set-local-rtc 1

CMOS時間の確認/変更

コンピューターのCMOSバッテリーは、CMOSが正しく機能している限り、システムクロックと時刻を自動的に同期します。

使用 hwclock 次のようにCMOS日付を確認するコマンド

# hwclock

hwclockを使用して時刻を確認する

CMOS日付をシステム日付と同期するには、次の形式を使用します

# hwclock –systohc

結論

多くの操作がLinux環境に依存しているため、Linux環境に適切な時間を設定することが重要です。 このような操作には、ログイベントやcronジョブも含まれます。

ご不明な点やご意見がございましたら、お気軽にコメントをお寄せください。

また読む:

  • Tuptime-Linuxシステムの稼働時間履歴を表示するツール
  • UbuntuでNTPサーバーを使用して時刻を同期する方法
  • タイムシフトでLinuxシステムのスナップショットを撮る方法