停止して再起動する方法 Apache Webサーバー上

ご存知のとおり、 Apache は、静的Webページと動的Webページの両方を提供するために使用される無料のオープンソースクロスプラットフォームWebサーバーです。 ウェブ上で。 このチュートリアルでは、開始と再起動の方法に焦点を当てます Apache apache2コマンドを使用するLinuxシステム上のWebサーバー。

Ubuntu / DebianLinuxの場合

UbuntuとDebianバージョンでapache2Webサーバーを起動、停止、再起動する方法を見てみましょう

Apache2の再起動/開始/停止/

UbuntuおよびDebianSystemdユーザーの場合- Ubuntu18.04,16.04およびDebian9.x後で以下のコマンドを使用します。

Apache2を起動します 実行することによって

# systemctl start apache2

Apache2を停止します 実行することによって

# systemctl stop apache2

Apache2を再起動します 実行することによって

# systemctl restart apache2

Apache2を確認するには ターミナルランのステータス

# systemctl status apache2

サンプル出力

● apache2.service - LSB: Apache2 web server
Loaded: loaded (/etc/init.d/apache2; bad; vendor preset: enabled)
Drop-In: /lib/systemd/system/apache2.service.d
└─apache2-systemd.conf
Active: active (running) since Tue 2018-09-11 12:49:03 UTC; 26s ago
Docs: man:systemd-sysv-generator(8)
CGroup: /system.slice/apache2.service
├─28788 /usr/sbin/apache2 -k start
├─28791 /usr/sbin/apache2 -k start
└─28792 /usr/sbin/apache2 -k start

Webサーバーが実際に実行されているかどうかを確認するには、ブラウザを開いてサーバーのIPアドレスを入力します

https://server-ip-address/

あなたは見ることができるはずです Apache以下に示すのデフォルトページ

古いバージョンのUbuntu-14.10以前およびDebian古いバージョンの場合

Apache2を起動します 実行によるサービス

# sudo service apache2 start
or
# /etc/init.d/apache2 start
or
# sudo /etc/init.d/apache2 start

Apache2を停止します 実行によるサービス

# sudo service apache2 stop
or
# /etc/init.d/  apache2 stop

Apache2を再起動します 実行によるサービス

# sudo service apache2 restart
or
# /etc/init.d/  apache2 restart
or
# sudo /etc/init.d/ apache2 restart

サンプル出力

[ ok ] Restarting apache2 (via systemctl): apache2.service.

Apache2を確認してください ステータス実行

# sudo service apache2 status
or
# /etc/init.d/  apache2 status
or
# sudo /etc/init.d/ apache2 status

サンプル出力

● apache2.service - LSB: Apache2 web server
Loaded: loaded (/etc/init.d/apache2; bad; vendor preset: enabled)
Drop-In: /lib/systemd/system/apache2.service.d
└─apache2-systemd.conf
Active: active (running) since Tue 2018-09-11 12:49:03 UTC; 26s ago
Docs: man:systemd-sysv-generator(8)
CGroup: /system.slice/apache2.service
├─28788 /usr/sbin/apache2 -k start
├─28791 /usr/sbin/apache2 -k start
└─28792 /usr/sbin/apache2 -k start

RHEL / CentOSの場合

Apache2の再起動/開始/停止

の新しいバージョンの場合 RHEL / CentOS (バージョン 7.x 以降)

Apache2を起動します 実行することによって

# systemctl start httpd
or
# systemctl start httpd.service

Apache2を停止します 実行することによって

# systemctl stop httpd
or
# systemctl stop httpd.service

Apache2を再起動します 実行することによって

# systemctl restart httpd
or
# systemctl restart httpd.service

確認/確認 Apache2のステータス

# systemctl status httpd

サンプル出力

● httpd.service - The Apache HTTP Server
Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/httpd.service; disabled; vendor prese t: disabled)
Active: active (running) since Tue 2018-09-11 17:33:28 UTC; 6min ago
Docs: man:httpd(8)
man:apachectl(8)
Main PID: 1450 (httpd)
Status: "Total requests: 0; Current requests/sec: 0; Current traffic: 0 B/s ec"
CGroup: /system.slice/httpd.service
├─1450 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
├─1451 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
├─1452 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
├─1453 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
├─1454 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
└─1455 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND

Sep 11 17:33:28 ip-172-31-16-67.us-east-2.compute.internal systemd[1]: Starti...
Sep 11 17:33:28 ip-172-31-16-67.us-east-2.compute.internal systemd[1]: Starte...
Hint: Some lines were ellipsized, use -l to show in full.

古いバージョンの場合 ((CentOS / RHEL(Red Hat)Linuxバージョン4.x / 5.x / 6.x)

Apache2を起動します 実行することによって

# service httpd start

Apache2を停止します 実行することによって

# service httpd stop

Apache2を再起動します 実行することによって

# service httpd restart

ステータスを確認する の Apache Webサーバー

# service httpd status

サンプル出力

● httpd.service - The Apache HTTP Server
Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/httpd.service; disabled; vendor preset: disabled)
Active: active (running) since Tue 2018-09-11 19:46:30 UTC; 1 weeks 1 days ago
Docs: man:httpd(8)
man:apachectl(8)
Process: 9118 ExecStop=/bin/kill -WINCH ${MAINPID} (code=exited, status=0/SUCCESS)
Process: 22055 ExecReload=/usr/sbin/httpd $OPTIONS -k graceful (code=exited, status=0/SUCCESS)
Main PID: 9122 (httpd)
Status: "Total requests: 0; Current requests/sec: 0; Current traffic: 0 B/sec"
CGroup: /system.slice/httpd.service
├─ 9122 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
├─22058 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
├─22059 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
├─22060 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
├─22061 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
├─22062 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
├─22149 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
└─27556 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND

Debianシステムの場合と同様に、ブラウザを開いてサーバーのIPアドレスを入力することにより、Webサーバーが実行されていることを確認できます。

https://server-ip-address/

再起動 Apache Linuxシステム上のWebサーバー

の上 Fedora

Apache2の再起動/開始/停止

にとって Fedora システム(22以降)

Apache2を起動します 実行することによって

# systemctl start httpd
or
# apachectl start

Apache2を停止します 実行することによって

# systemctl stop httpd
or
# apachectl -k stop

Apache2を再起動します 走る

apachectl -k restart

Apache2を確認してください 状態

systemctl status httpd

サーバーがWebブラウザーで稼働していることを確認するには、サーバーのIPを入力します

https://server-ip-address/

再起動 Apache Linuxシステム上のWebサーバー

結論

このチュートリアルでは、Ubuntu / DebianやRedhatシステムなどのLinuxシステムでApache2Webサーバーを起動、停止、および再起動する方法について学習しました。 読んで楽しんでいただければ幸いです。以下のコメントセクションに提案を残してください。

また読む:

  • でPKCS#12 / PFX証明書を変換して使用する方法 Apache
  • FreeBSD11にWordPressをインストールする方法 Apache、PHPおよびMySQL
  • Ubuntu18.04にLAMPスタックをインストールする方法