Ubuntu 18.04 / 20.04(ターミナル/ GUI)にDropboxをインストールする方法

Dropboxオンラインストレージは、UbuntuLinuxのサポートを提供します。 ここで、DropboxをUbuntu 18.04 / 20.04LTSサーバーターミナルとGUIからインストールします。

Dropboxは、データを自動的に保存またはバックアップするためのオンラインストレージを提供します。 Dropboxを使用して、ある程度のセキュリティと安心感を持ってコンテンツをバックアップします。 PCがクラッシュした場合、データは保存され、サーバーに復元できるようになります。

Dropboxは、無料サービスと有料サービスの両方を提供しており、それぞれにさまざまなオプションがあります。 無料サービスは2GBの無料オンラインストレージを提供しますが、Proでは要件に応じて必要なだけ取得できます。

方法1)コマンドラインからDropboxをインストールする

インストールします wget を使用したパッケージ apt 指図。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install wget

Dropbox cliバージョンは、32ビット版と64ビット版の両方で利用できます。Dropboxはバージョンアウト時にダウンロードされます。

32-bit
$ cd ~ && wget -O - "https://www.dropbox.com/download?plat=lnx.x86" | tar xzf -

64-bit
$ cd ~ && wget -O - "https://www.dropbox.com/download?plat=lnx.x86_64" | tar xzf -

このコマンドを実行すると、次の名前の新しい隠しフォルダが作成されます .dropbox-dist 私たちの中で $HOME ディレクトリ。

次のコマンドを実行して、Dropboxを開始します。 .dropbox-dist フォルダ。

$ ~/.dropbox-dist/dropboxd

Output
This computer isn't linked to any Dropbox account...
Please visit https://www.dropbox.com/cli_link_nonce?nonce=35ff549233f01a5d4e699826b0ab6ffb to link this device.

次に、ブラウザを開き、上記のリンクに移動して、システムをドロップボックスアカウントに接続します。

Enter ドロップボックスのユーザー名とパスワードを入力し、[サインイン]をクリックします。

サーバーはドロップボックスアカウントに接続されています。次のようなメッセージが表示されます。

This computer is now linked to Dropbox. Welcome Smart

名前の付いたフォルダ Dropbox ホームディレクトリに作成されます。 どのデバイスからでもアクセスできるように、このフォルダーにデータを保持します。

$ ls Dropbox/

Output
'Get Started with Dropbox.pdf'
python3_tutorial.pdf
Screenshots
'Simply Raspberry Pi.pdf'
smart.zip

おめでとう! Ubuntuサーバーはドロップボックスアカウントにリンクされています。 ドロップボックスは、を押して停止するまで実行を続けます CTRL + C。 毎回手動で開始する必要があります
ドロップボックスを使用したいとき。

方法2)DropboxCLIをインストールする

まず、以下のコマンドを使用してPythonをインストールします。

sudo apt install python

次に、dropbox pythonスクリプトをダウンロードして、PATHに配置します。 example /usr/local/bin/

$ sudo wget -O /usr/local/bin/dropbox "https://www.dropbox.com/download?dl=packages/dropbox.py"

実行可能にする:

$ sudo chmod +x /usr/local/bin/dropbox

これで、dropboxcliの使用を開始できます。 ヘルプを表示するには、次のコマンドを実行します。

$ dropbox

Output
Dropbox command-line interface

commands:

Note: use dropbox help <command> to view usage for a specific command.

status get current status of the dropboxd
throttle set bandwidth limits for Dropbox
help provide help
stop stop dropboxd
running return whether dropbox is running
start start dropboxd
filestatus get current sync status of one or more files
ls list directory contents with current sync status
autostart automatically start dropbox at login
exclude ignores/excludes a directory from syncing
lansync enables or disables LAN sync
sharelink get a shared link for a file in your dropbox
proxy set proxy settings for Dropbox

特定のコマンドの使用法を表示するには、 example running、 走る:

$ dropbox help running

output
dropbox running
Returns 1 if running 0 if not running.

ドロップボックスサービスが実行されているかどうかを確認します。 以下にコマンドを入力します。

$ dropbox status

Output
Dropbox isn't running!

ドロップボックスサービスを開始します。 以下にコマンドを入力します。

$ dropbox start

コマンドを使用して実行されているかどうかをもう一度確認しましょう。

$ dropbox status

Output
Up to date

システムを再起動するまで実行を続けます。

ドロップボックスサービスを停止します。 以下にコマンドを入力します。

$ dropbox stop

output
Dropbox daemon stopped.

ファイルの現在の同期ステータスを取得するには、以下のコマンドを入力します。

$ dropbox filestatus Dropbox/smart.txt

Output
Dropbox/smart.txt: up to date

ディレクトリを同期から除外できます。 たとえば、除外します dir1 以下のコマンドを使用してフォルダ。

$ dropbox exclude add dir1

以下のように、スペースで区切られた値を持つ複数のディレクトリを追加して、同期から除外することができます。

$ dropbox exclude add dir1 dir2

現在同期から除外されているディレクトリのリストを表示するには、以下のコマンドを入力します。

$ dropbox exclude list

除外リストからディレクトリを削除するには、以下のコマンドを入力します。

$ dropbox exclude remove dir2

ファイルの共有リンクを取得するには、 example smart.txt、ドロップボックスフォルダーに、以下のコマンドを入力します。

$ dropbox sharelink Dropbox/smart.txt

Output
https://www.dropbox.com/s/rqteaol58c1zlkw/smart.txt?dl=0

これで、上記のURLを誰にでも渡すことができます。

lansyncを有効にするには、以下のコマンドを入力します。

$ dropbox lansync y

lansyncを無効にするには、以下のコマンドを入力します。

$ dropbox lansync n

再起動するたびにDropboxを自動的に起動する

Dropboxサービスを再起動するたびに自動的に開始するようにすることができます。 Dropboxのsystemdサービスユニットを作成します。

$ sudo nano /etc/systemd/system/dropbox.service

次の行を追加します。

[Unit]
Description=Dropbox Service
After=network.target

[Service]
ExecStart=/bin/sh -c '/usr/local/bin/dropbox start'
ExecStop=/bin/sh -c '/usr/local/bin/dropbox stop'
PIDFile=${HOME}/.dropbox/dropbox.pid
User=smart
Group=smart
Type=forking
Restart=on-failure
RestartSec=5
StartLimitInterval=60s
StartLimitBurst=3

[Install]
WantedBy=multi-user.target

ユーザー、グループ、およびドロップボックスのCLIパスを置き換えます /usr/local/bin/ 私たち自身の価値観で。 Save そしてかなりのファイル。

以下のコマンドを使用してデーモンをリロードします。

$ sudo systemctl daemon-reload

以下のコマンドを使用して、dropboxサービスを有効にします。

$ sudo systemctl enable dropbox

以下のコマンドを使用してdropboxサービスを開始します。

$ sudo systemctl start dropbox

これで、dropboxサービスは再起動するたびに自動的に開始されます。

以下のコマンドを使用して、サービスの実行を確認してください。

$ sudo systemctl status dropbox

方法3)UbuntuデスクトップGUIにDropboxをインストールする

install-dropbox-on-Ubuntu-18.04

Ubuntu-ソフトウェア-インストール-ドロップボックス

初め、 ダウンロード Ubuntudebパッケージ。 OSアーキテクチャに応じて64ビットまたは32ビットを選択します。

ダウンロードしたら、ファイルマネージャーを開き、ダウンロードフォルダーに移動します。 次に、Dropbox debパッケージを右クリックし、[ソフトウェアインストールで開く]を選択します。

Ubuntuソフトウェアが開きます。

[インストール]ボタンをクリックして、DropboxCLIとNautilus拡張機能をインストールします。 ソフトウェアをインストールするには、パスワードを入力する必要があります。 この手順が完了すると、ウィンドウが表示されます。[ドロップボックスの開始]をクリックします。

start-dropbox-daemon-on-Ubuntu

次に、[OK]ボタンをクリックして、独自のDropboxデーモンをダウンロードしてインストールします。

Dropbox-デーモン-インストール

Dropbox-インストール-Ubuntu-16.04

Ubuntu-dropbox-login

インストールが完了したら、Dropboxアカウントでログインし、Dropboxを使用してファイルのバックアップまたは同期を開始できます。

python-gpgmeがインストールされていない場合、Dropboxはバイナリ署名を検証できないことがわかります。 以下のコマンドを実行することでpython-gpgmeをインストールできます。

$ sudo apt install python-gpgme

ノート: Dropbox Linuxクライアントは、HTTP、SOCKS4、およびSOCKS5プロキシをサポートします。 Dropbox Preferences> Proxiesでプロキシを設定できます。 これは、私たちの国または地域がDropboxへのアクセスを禁止されている場合に役立ちます。

Dropbox-プロキシ設定

方法4)ソフトウェアアプリケーションからDropboxをインストールする

ステップ1:左上のアクティビティメニューを使用してソフトウェアアプリケーションを開きます

ubuntuソフトウェア

ステップ2:Dropboxアプリケーションを検索する

ドロップボックスを検索ドロップボックスを検索

ステップ3:インストールを開始するには、[インストール]ボタンを押します。

インストールボタンを押す

ステップ4: Enter ユーザー名とパスワード。 ユーザーは所属する必要があります sudo 管理グループ。

認証が必要です

ステップ5:Dropboxアプリケーションを起動します

ドロップボックスを起動

ステップ6:Dropboxアカウントにサインインします

サインインドロップボックスドロップボックスにサインインする

これで、DropboxアカウントをUbuntu 18.04 /20.04デスクトップにリンクしました。

結論

私たちはUbuntu18.04 /20.04にDropboxをインストールする方法をうまく学びました。 何か問題が発生した場合は、コメントセクションでお知らせください。