Terminalizer-Linuxでターミナルセッションを記録するツール

Linux端末を録音する方法について考えたことはありますか? Terminalizerは、端末のアクティビティを記録およびレンダリングし、そこからアニメーションGIF画像を作成できる高度にカスタマイズ可能なCLIツールです。 Ubuntu、CentOS、Arch Linux、SUSE、RedHat、 Fedora、など。このチュートリアルでは、Linuxターミナルをインストールおよびキャプチャ/記録する方法について説明します。

ターミナルライザーをインストールする前に、 Node.js海抜 インストールされています。

Node.jsのインストール

Node.jsをインストールするには、まずシステムを更新します。 ここではUbuntu18.04バージョンを使用しています。

apt update

次に、以下のコマンドを実行して、リポジトリからNode.jsをインストールします

apt install node.js

出力

The following NEW packages will be installed:
libc-ares2 libhttp-parser2.7.1 libuv1 nodejs nodejs-doc
0 upgraded, 5 newly installed, 0 to remove and 490 not upgraded.
Need to get 5,671 kB of archives.
After this operation, 24.8 MB of additional disk space will be used.
Do you want to continue? [Y/n] Y

node.jsが正常にインストールされると、次のコマンドを使用してNode.jsのバージョンを確認できます。

nodejs --version

出力

v8.10.0

最後に、Node.jsのパッケージマネージャーであるnpmをインストールします

apt install npm

npmのバージョンを確認するには

npm --version

出力

3.5.2

ターミナルライザーのインストール

ターミナルライザーをインストールするには、

npm install -g terminalizer

サンプル出力

> [email protected] install /usr/local/lib/node_modules/terminalizer/node_modules/node-pty-prebuilt
> prebuild-install || node scripts/install.js

ターミナルライザーのインストールは、Node.jsバージョン9以下でうまく機能するはずです。 新しいバージョンを実行していてインストールが失敗した場合は、C ++アドオンをビルドするための開発ツールのインストールが必要になる場合があります。 この実行を達成するには、

apt install build-essential

開発ツールのインストールを確認するには、

gcc -v

出力

Using built-in specs.
COLLECT_GCC=gcc
COLLECT_LTO_WRAPPER=/usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/7/lto-wrapper
OFFLOAD_TARGET_NAMES=nvptx-none
OFFLOAD_TARGET_DEFAULT=1
Target: x86_64-linux-gnu
Configured with: ../src/configure -v --with-pkgversion='Ubuntu 7.3.0-16ubuntu3' --with-bugurl=file:///usr/share/doc/gcc-7/README.Bugs --enable-languages=c,ada,c++,go,brig,d,fortran,objc,obj-c++ --prefix=/usr --with-gcc-major-version-only --with-as=/usr/bin/x86_64-linux-gnu-as --with-ld=/usr/bin/x86_64-linux-gnu-ld --program-suffix=-7 --program-prefix=x86_64-linux-gnu- --enable-shared --enable-linker-build-id --libexecdir=/usr/lib --without-included-gettext --enable-threads=posix --libdir=/usr/lib --enable-nls --with-sysroot=/ --enable-clocale=gnu --enable-libstdcxx-debug --enable-libstdcxx-time=yes --with-default-libstdcxx-abi=new --enable-gnu-unique-object --disable-vtable-verify --enable-libmpx --enable-plugin --enable-default-pie --with-system-zlib --with-target-system-zlib --enable-objc-gc=auto --enable-multiarch --disable-werror --with-arch-32=i686 --with-abi=m64 --with-multilib-list=m32,m64,mx32 --enable-multilib --with-tune=generic --enable-offload-targets=nvptx-none --without-cuda-driver --enable-checking=release --build=x86_64-linux-gnu --host=x86_64-linux-gnu --target=x86_64-linux-gnu
Thread model: posix
gcc version 7.3.0 (Ubuntu 7.3.0-16ubuntu3)

make -v

出力

GNU Make 4.1
Built for x86_64-pc-linux-gnu
Copyright (C) 1988-2014 Free Software Foundation, Inc.
License GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <https://gnu.org/licenses/gpl.html>
This is free software: you are free to change and redistribute it.
There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

Terminalizerの使用

ターミナルライザーの使用を開始するには、まず現在のディレクトリにデモファイルを生成します

terminalizer record demo

出力

The recording session is started
Press CTRL+D to exit and save the recording

この時点で、ターミナルでいくつかのコマンドを実行し、CTRL + Dを押して終了します。これにより、記録がYAMLファイル(この場合はdemo.yml)として保存されます。

The recording data is saved into the file:
/root/demo.yml
You can edit the file and even change the configurations.

録音を再生するには、

terminalizer play demo

これにより、実行したばかりの最後のいくつかのコマンドの履歴を表示する録音が再生されます

また読む:

  • Termtosvg-Linuxでターミナルセッションを記録するためのツール
  • Tlog-ターミナルIOとセッションを記録/再生するためのツール
  • 8人気がありあまり知られていないLinuxターミナルレコーディングツール
  • Asciinemaを使用してLinuxターミナルアクティビティを記録および共有する方法
  • 「スクリプト」コマンドを使用してLinuxターミナルセッションを記録する方法

上記の例からすでに見たように、ターミナルライザーは、端末の記録を作成するために使用する便利なツールです。 気軽に試してみて、これらの有益な記事の詳細をお楽しみに!

リソースリファレンス:

Github- ターミナルライザー