Ubuntu20.04にAWSCLIをインストールする方法

AWSCLI (アマゾンウェブサービスコマンドラインインターフェース)は、アマゾンウェブサービスを管理するためのオープンソースのコマンドラインユーティリティツールです。 AWS CLIは、リソースを管理するためにAWSが提供するユーティリティツールです。 AWS APIには、AWSCLIから直接アクセスできます。 AWS CLIユーティリティを使用すると、アマゾンウェブサービスを自動化するためのスクリプトを作成できます。

AWSCLIはバージョン1とバージョン2で利用できます。AWSはAWSCLIの使用をお勧めします バージョン2。 すでにバージョン1を使用している場合は、それをアンインストールするか、別の名前でシンボリックリンク/エイリアスを作成することをお勧めします。

このチュートリアルでは、 AWSCLIをインストールします の上 Ubuntu 20.04

前提条件

UbuntuにAWSCLIをインストールするには、次の要件を満たす必要があります。

  • AWSアカウント
  • Ubuntu20.04サーバー
  • Sudo特権ユーザーアカウント

インストール

AWS CLIユーティリティパッケージは、Ubuntu20.04のデフォルトリポジトリで利用できます。 Python PIPまたはAWSインストーラーを使用して、AWSCLIユーティリティツールをインストールすることもできます。

方法1:AWSインストーラースクリプトを使用する

これは、AWSが推奨するインストール方法です。 このメソッドは、UbuntuおよびCentOSなどの他のLinuxディストリビューションで機能します。 Fedora、Amazon Linux 1、およびAmazon Linux2。

最新バージョンについては、を使用して64ビットバージョンをダウンロードしてください curl 指図:

$ sudo curl “https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-x86_64.zip” -o “awscliv2.zip”

注: AWSCLIの特定のバージョン、ファイル名にハイフンとバージョン番号を追加します。

次のステップは、ダウンロードしたファイルを解凍することです。これにより、ファイルが抽出され、「aws」という名前のディレクトリが作成されます。 unzipコマンドが存在しない場合は、パッケージを解凍してインストールします($ sudo apt install unzip)。

次のコマンドを実行して、ファイルのダウンロードを解凍します。

$ sudo awscliv2.zipを解凍します

次に、以下を使用してインストーラーを実行します。

$ sudo ./aws/install

デフォルトでは、awscliは/ usr / local / aws-cliにインストールされ、シンボリックリンクは/ usr / local / binに作成されます。

インストールを確認するには、次のように入力します。

$ aws –version

出力:

aws-cli / 2.1.33 Python / 3.8.8 Linux / 5.4.0-70-generic exe /x86_64.ubuntu.20プロンプト/オフ

方法2: APTを使用したAWSCLIのインストール

AWS CLIユーティリティツールは、Ubuntu20.04のデフォルトリポジトリで利用できます。 APTを使用してツールをインストールするには、次の手順に従います。

システムパッケージの更新:

次のコマンドを実行して、システムパッケージとリポジトリインデックスを最新のものに更新します。

$ sudo apt-get update

システムパッケージが更新されたら、次のコマンドを実行してAWSCLIをインストールします。

$ sudo apt-get install awscli -y

インストールが完了したら、次のコマンドを実行して確認します。

$ aws –version

次のような出力が得られます。

AWSCLIのバージョンを確認しています

インストール後、AWSCLIを使用してAWSアカウントへのアクセスを設定できます。 aws設定を開始する前に、次のことを行う必要があります IAMユーザーのアクセスキーシークレットキー 適切なアクセスが提供されます。

次のコマンドを実行して、awsアカウントへのアクセスを設定します。

$ aws configure

Enter それに応じて次の詳細:

  • AWSアクセスキーID [IAM user’s Access key]
  • AWSシークレットアクセスキー [IAM user’s secret key]
  • デフォルトのリージョン名 [Aws region]
  • デフォルトの出力形式 [JSON format is fine]

次のような出力が得られます。

AWSアカウントへのアクセスの設定

UbuntuからのAWSCLIのアンインストール

ubuntuからAWSCLIをアンインストールするには、AWSCLIのインストールパスを確認する必要があります。 次のコマンドを実行して、AWSCLIのインストールディレクトリを確認します。

$ which aws

次のように出力されます。

/ usr / local / bin / aws

次のコマンドを使用して、シンボリックリンクとインストールパスを確認します。

$ ls -l / usr / local / bin / aws

次のように出力されます。

lrwxrwxrwx1ルートルート37Mar 31 04:01 / usr / local / bin / aws-> / usr / local / aws-cli / v2 / current / bin / aws

まず、2つのシンボリックリンクを削除し、次のように入力します。

$ sudo rm / usr / local / bin / aws $ sudo rm / usr / local / bin / aws_completer

次に、次のコマンドを使用してインストールディレクトリを削除します。

$ sudo rm -rf / usr / local / aws-cli

これで、UbuntuシステムからAWSCLIが正常に削除されました。

方法3:PythonPIPを使用してAWSCLIをインストールする

Python PIPを使用して、UbuntuサーバーにAWSCLIをインストールできます。 Python2.xはUbuntu20.04ではサポートされていないため、Python3.xをインストールする必要があります。

まず、システムにpython-pipをインストールします。 次のコマンドを実行して、python-pipパッケージをインストールします。

$ sudo apt-get install python3-pip

インストールが完了したら、PIPを最新バージョンにアップグレードする必要があります。

$ sudo pip3 install –upgrade pip

次に、次のコマンドを実行して、PIPを使用してAWSCLIをインストールします。

$ sudo pip3 install awscli

インストールを確認するには、次のコマンドを実行します。

$ python3 -m awscli –version

出力:

aws-cli / 1.18.69 Python / 3.8.5 Linux / 5.8.0-45-generic botocore / 1.16.19

出力は、インストールされているAWSCLIのバージョンが1.18であることを示しています

AWSCLIを使用したS3バケットの作成

一般にs3として知られているシンプルなストレージサービスは、ファイルを保存および取得するためにアマゾンウェブサービスによって提供されるクラウドストレージサービスです。 あなたはグーグルドライブ、画像、ドキュメント、そして重要なファイルを保存するためのドロップボックスについての考えを持っているかもしれません。 AWS S3は、AWSが提供する同様の種類のクラウドサービスです。 GUIとAWSCLIを使用してS3バケットを作成できます。 前のステップでAWSを設定したので、今すぐ使用しましょう AWSCLI にコマンド S3バケットを作成する

s3apiコマンドに続けてawsを使用して、S3バケットとして作成できます。 次のコマンドを実行して、s3apiコマンドを見つけます。

$ awss3apiヘルプ

出力:

awscliを使用したs3api機能の一覧表示

次に、次のコマンドを実行して、単純なバケットを作成します。 これで example、us-east-1リージョンを選択し、バケット名を指定しました ‘example-私の仮定としてのバケット-12345 ‘。 希望するリージョンとバケット名を選択できます。

aws s3api create-bucket –bucket example-バケット-12345–regionus-east-1

次のように出力されます:

AWSCLIを使用したS3バケットの作成

次のコマンドを使用して、作成されたS3バケットを一覧表示します。

$ awss3リスト

出力:

AWSCLIを使用したs3バケットの一覧表示

コンテンツをS3バケットにプッシュする

S3バケットが作成されたら、ファイルストレージに移動できます。 次のコマンドを実行して、コンテンツをS3バケットにプッシュします。 これで example、S3バケットに簡単なテキストファイルを送信しました。 同様の方法で他のファイルをプッシュできます。

$ aws s3 cp example.txt s3://example-バケット-12345

どこ example.txtはファイル名であり、 example-bucket-12345はS3バケット名です。 アップロードが成功すると、次のような出力が得られます。

出力:アップロード:./example.txtからs3://example-バケット-12345 /example。txt

次のコマンドを使用して、バケットの内容を一覧表示できます。

$ aws s3 ls s3://example-バケット-12345

出力:

2021-03-28 23:31:47 0 example。txt

AWSCLIを使用してS3バケットを削除することもできます。 バケットを削除する前に、S3バケット内のオブジェクトを削除する必要がある場合があることに注意してください。 次のコマンドを実行して、S3バケットからオブジェクトを削除します。 これで example、プッシュしたばかりのテキストファイルを削除しました。 それに応じてファイル名を選択できます。

aws s3 rm s3://example-バケット-12345 /example。txt

バケットが空になったら、次のコマンドを使用してS3バケットを削除できます。

$ aws s3api delete-bucket –bucket example-バケット-12345–regionus-east-1

どこ、 example-bucket-12345は私のバケット名です。

結論

この記事では、Ubuntu20.04にAWSCLIをインストールする方法について説明しました。 インストールを確認し、AWSを設定し、デバイスからAWSCLIをアンインストールする方法を学習しました。 また、S3バケットを作成する方法、コンテンツをバケットにプッシュする方法、バケットからオブジェクトを削除する方法、バケットを削除する方法を示しました。 フィードバックと回答は大歓迎です。