Ubuntu20.04にLAMPスタックをインストールします

ランプ Linuxを構成するオープンソースソフトウェアのグループです。 Apache、MySQLまたはMariaDB、およびPHP。 の代わりにNGINXを含むLEMPスタックのように Apache、LAMPは、Webソリューションの開発と展開にも使用されます。 動的なWebサイトとWebアプリを含みます。

このガイドでは、 LAMPスタック の上 Ubuntu 20.04

前提条件

  • Ubuntu20.04を実行しているLinuxサーバー。 これにより、LAMPの「L」が処理されます
  • のユーザー sudo 特権

インストール Apache Ubuntuで

The Apache HTTPサーバーは、Webを介してクライアントにリソースを提供するために使用されます。 最近行っていない場合は、何よりもまず、以下のコマンドを使用してUbuntuパッケージを更新してください。

$ sudo aptアップデート

次に、次のコマンドを実行してインストールします Apache バージョン2 Ubuntu20.04で。

$ sudo apt install apache2

プロンプトが表示されたら、次のように入力します Y インストールを続行します。

インストールすると、Apache2HTTPサーバーのバージョンを次のように確認できます。

$ sudo apache2 -v

また、次のコマンドでApache2サーバーがアクティブ(実行中)であることを確認します。

$ sudo systemctl apache2

Apache2サービスステータスを確認する

次に、Webブラウザーを開き、サーバーのIPアドレスを入力します。 または入力します ローカルホスト サーバーにローカルに接続している場合。

あなたは見るべきです Apache2Ubuntuのデフォルトページ 下の画像に示すように。

Apache2UbuntuのデフォルトページApache2Ubuntuのデフォルトページ

1つのApache2Webサーバーで複数のサイトをホストし、それに応じて登録済みドメインを接続できます。

これにより、LAMPの「A」が処理されます。

UbuntuにMariaDBをインストールする

LAMPの頭字語の「M」の部分については、サイト/アプリケーションデータを保存および管理するためのデータベース管理システムをインストールする必要があります。 MariaDBを選びましょう。 MariaDBはMySQLの派生物ですが、比較的高速なパフォーマンスを提供します。

以下のコマンドを実行して MariaDBをインストールします Ubuntu20.04で。

$ sudo apt install mariadb-server

Enter Y インストールを続行するように求められた場合。

MariaDBが正常にインストールされたら、次のコマンドでサービスステータスを確認します。

$ sudo systemctl status mariadb

MariaDBサービスステータスを確認するMariaDBサービスステータスを確認する

MariaDBサービスが アクティブ(実行中) すでに。 あなたは押すことができます q シェルプロンプトに戻ります。 それ以外の場合は、以下のコマンドでサービスを開始し、ステータスを再度確認してください。

$ sudo systemctl start mariadb

次に、以下のコマンドを実行して、 mysql_secure_installation スクリプトを作成し、指示に従ってMariaDBを保護します。

$ mysql_secure_installation

以下は、スクリプトを実行した後に予想される内容のサンプルです。

NOTE: RUNNING ALL PARTS OF THIS SCRIPT IS RECOMMENDED FOR ALL MariaDB
SERVERS IN PRODUCTION USE! PLEASE READ EACH STEP CAREFULLY!

In order to log into MariaDB to secure it, we'll need the current password for the root user. If you've just installed MariaDB, and you haven't set the root password yet, the password will be blank, so you should just press enter here.

Enter current password for root (enter for none):
OK, successfully used password, moving on...

Setting the root password ensures that nobody can log into the MariaDB root user without the proper authorisation.

Set root password? [Y/n] y
New password:
Re-enter new password:
Password updated successfully!
Reloading privilege tables..
... Success!

By default, a MariaDB installation has an anonymous user, allowing anyone to log into MariaDB without having to have a user account created for them. This is intended only for testing, and to make the installation go a bit smoother. You should remove them before moving into a production environment.

Remove anonymous users? [Y/n] y
... Success!

Normally, root should only be allowed to connect from 'localhost'. This ensures that someone cannot guess at the root password from the network.

Disallow root login remotely? [Y/n] y
... Success!

By default, MariaDB comes with a database named 'test' that anyone can access. This is also intended only for testing, and should be removed before moving into a production environment.

Remove test database and access to it? [Y/n] y
- Dropping test database...
... Success!
- Removing privileges on test database...
... Success!

Reloading the privilege tables will ensure that all changes made so far will take effect immediately.

Reload privilege tables now? [Y/n] y
... Success!

Cleaning up...

All done! If you've completed all of the above steps, your MariaDB
installation should now be secure.

Thanks for using MariaDB!

次に、次のコマンドを実行して、選択したパスワードでmysqlにログインします。

$ sudo mysql -u root -p

あなたが見たら MariaDB プロンプト、あなたはコースにいます。

UbuntuにPHPをインストールする

PHP (ハイパーテキストプリプロセッサ)は、データベースとの対話中にWebコンテンツの動的処理を可能にするサーバーサイドスクリプト言語です。 以下のコマンドを実行して、PHPおよび関連コンポーネントをインストールします。

$ sudo apt install php php-mysql

インストールされているPHPのバージョンを次のように確認します。

$ php -v

PHPバージョンを確認するPHPバージョンを確認する

PHPが正しく機能していることを確認するために、次のような簡単なテストを実行してみましょう。

作成する index.php 以下のコマンドを使用して、デフォルトのWebサイトルートディレクトリにファイルします。

$ sudo nano /var/www/html/index.php

以下のサンプルPHPコードをテキストエディタに貼り付けます。

<?php
phpinfo();
?>

Save 変更と close ファイル。

次のコマンドでApache2を再起動します。

$ sudo systemctl restart apache2

次に、Webブラウザーを開いて、 ServerIP / index.php。 にとって example、 192.11.9.2/index.php

すべてが正常であれば、下の画像に示されているようなPHPインストールに関する情報を表示するページが表示されます。

Apache2PHP処理をテストするApache2PHP処理をテストする

結論

このガイドでは、Ubuntu 20.04 Linuxサーバー、Apache2、MariaDB、およびPHPで構成されるLAMPスタックを正常にセットアップしました。 これで、動的WebサイトとWebアプリの開発、テスト、および展開を開始する準備が整いました。