Ubuntu20.04でPython3仮想環境を作成する方法

Python仮想環境 インタプリタ、ライブラリ、およびスクリプトを含むPythonプロジェクトの分離環境を作成するために使用されます。 プロジェクトには、それぞれ独自の依存関係を持つ仮想環境をいくつでも作成できます。

仮想環境を使用することで、他のプロジェクトを壊す可能性のあるパッケージをグローバルにインストールすることを回避できます。

簡単に言えば、仮想環境は、Pythonプロジェクトに必要なパッケージの特定のバージョンを適切にインストールするのに役立ちます。

更新システム

Ubuntu 20.04を最新のパッケージで維持するには、次の2つのaptコマンドを実行します。

$ sudo aptアップデート
$ sudo aptアップグレード

python3のpipをインストールします

仮想環境をインストールする前に、pipをインストールしましょう。 Pipは、プロジェクトのパッケージのインストール、アンインストール、およびアップグレードを支援するパッケージマネージャーです。

Python 3用のpipをインストールするには、次のように入力します。

$ apt install python3-pip

Python3の仮想環境を作成する

Venvコマンド Pythonで仮想環境を作成するために使用されます。 venvパッケージはUbuntuリポジトリで入手できます。

最初にしましょう venvをインストールします 次のコマンドを使用してパッケージ化します。

$ apt-get install python3-venv

ここで、仮想環境を作成するには、次のように入力します。

$ python3 -m venv my_env_project

上記のコマンドは、現在のディレクトリに「my_env_project」という名前のディレクトリを作成します。このディレクトリには、pip、インタプリタ、スクリプト、およびライブラリが含まれています。

oltjano @ ubuntu:〜$ ls my_env_project / bin include lib lib64 pyvenv.cfg share

いまなら可能です 仮想環境をアクティブ化する、 タイプ:

$ source my_env_project / bin / activate

コマンドプロンプトはご使用の環境に変わり、次のようになります。

(my_env_project)oltjano @ ubuntu:〜$

仮想環境を確認する

仮想環境内でpythonコマンドを実行して、インタープリターを開きます。

(my_env_project)oltjano @ ubuntu:〜$ python出力
Python 3.8.5(デフォルト、2020年7月28日、12:59:40)
[GCC 9.3.0] Linuxの場合
詳細については、「help」、「copyright」、「credits」、または「license」と入力してください。

仮想環境内にパッケージをインストールするには、 example NumPyパッケージをインストールしています:

(my_env_project)oltjano @ ubuntu:〜$ pip install numpy –user

以下のエラーが発生した場合

「エラー:「-user」インストールを実行できません。ユーザーsite-packagesはこのvirtualenvに表示されません。」

pyvenv.cfgファイルでinclude-system-site-packagesをtrueに設定します。

仮想環境内に新しいパッケージをインストールするたびに、それをプロジェクトにインポートできるはずです。

(my_env_project)oltjano @ ubuntu:〜/ my_env_project $ python >>> import numpy

数学関数をテストしてみましょう。次のように入力します。

>>> import math >>> print(math.sqrt(16))

インタプリタを終了するには、次のように入力します。

>>> quit()

Pythonスクリプトを作成し、Python3仮想環境内から実行できます。

(my_env_project)oltjano @ ubuntu:〜$ sudo viscript.py出力インポート計算
print(math.sqrt(16))

スクリプトを実行するには、次のように入力します。

(my_env_project)oltjano @ ubuntu:〜$ python script.py

スクリプトは、my_env_projectという名前の仮想環境内で実行されています。

仮想環境を削除する

仮想環境を終了するには、exitまたはCtrl + dコマンドを使用します。 に 仮想環境を削除する 次のコマンドを実行します。

(my_env_project)oltjano @ ubuntu:〜$非アクティブ化

上記のコマンドはmy_env_projectディレクトリを削除しません。rmコマンドを使用して削除します。

最終的な考え

この記事を通じて、Ubuntu20.04でPython3プロジェクトの仮想環境を適切に作成する方法を学びました。 また、実践的な経験をしました example パッケージをインストールして仮想環境内でスクリプトを実行する方法について。