LinuxでCPUクロック速度を確認する8つの方法

CPUクロック速度は、CPUが毎秒命令を処理できる速度を決定します。 CPUが実行できるサイクル数を測定し、GHzまたはMhzで測定します。 クロック速度を制限を超えて上げることは難しいため、マルチコアプロセッサが導入されました。

LinuxでCPU速度を確認するには、プロセッサの詳細を取得する必要があり、CPU情報を取得するために利用できるさまざまなツールがあります。

1.lscpuを使用する

Lscpuは、CPUアーキテクチャに関する情報を表示するためにLinuxで使用されるコマンドです。 このコマンドは、util-linuxパッケージの一部です。

lscpuコマンドを実行すると、「CPUMHz」フィールドにCPU速度が表示されます。

$ sudo lscpu
Architecture: x86_64
CPU op-mode(s): 32-bit, 64-bit
Byte Order: Little Endian
CPU(s): 1
On-line CPU(s) list: 0
Thread(s) per core: 1
Core(s) per socket: 1
Socket(s): 1
NUMA node(s): 1
Vendor ID: AuthenticAMD
CPU family: 23
Model: 1
Model name: AMD EPYC 7601 32-Core Processor
Stepping: 2
CPU MHz: 2199.998
BogoMIPS: 4401.32
Hypervisor vendor: KVM
Virtualization type: full
L1d cache: 64K
L1i cache: 64K
L2 cache: 512K
L3 cache: 16384K
NUMA node0 CPU(s): 0

2.Dmesgを使用する

Dmesgは、カーネルリングバッファから/ var / log / messagesにダンプされたメッセージを表示するためにLinuxで使用されるコマンドです。

grepコマンドを使用してDmesg出力をフィルタリングし、CPU速度を見つけることができます。

$ sudo dmesg | grep MHz
[ 0.000018] tsc: Detected 2127.998 MHz processor

3. / proc / cpuinfoファイルから

/ proc / cpuinfoシステムファイルは、各CPUCore.systemの個別の速度を示します。

$ cat /proc/cpuinfo | grep MHz
cpu MHz : 2127.998

4.i7zの使用

i7zは、Intel i3、i5、およびi7ベースのCPUがプロセッサの状態を表示するための専用ツールです。

走る ‘sudo 次の出力を提供するi7z ‘コマンド:

Cpu speed from cpuinfo 2128.00Mhz
cpuinfo might be wrong if cpufreq is enabled. To guess correctly try estimating via tsc
Linux's inbuilt cpu_khz code emulated now
True Frequency (without accounting Turbo) 2128 MH

5.hwinfoを使用する

LinuxではHwinfoコマンドを使用して、各ハードウェアデバイスに関する詳細情報を出力します。

次のコマンドを実行して、CPU速度を取得します。

$ sudo hwinfo –cpu

次のスナップショットは、上記のコマンドの出力を示しています。

$ sudo hwinfo --cpu
01: None 00.0: 10103 CPU
[Created at cpu.465]
Unique ID: rdCR.j8NaKXDZtZ6
Hardware Class: cpu
Arch: X86-64
Vendor: "GenuineIntel"
Model: 6.37.2 "Intel(R) Core(TM) i3 CPU M 330 @ 2.13GHz"
Clock: 2125 MHz
BogoMips: 4255.99

6.auto-cpufreqを使用する

Auto-cpufreqは、LinuxプラットフォームでCPUの速度と電力を自動的に最適化する最新のツールです。 ラップトップのバッテリー状態、CPU使用率、およびシステム負荷をアクティブに監視して、CPU速度と電力を最適化します。

$ sudo auto-cpufreq --monitor

Linux distro: UNKNOWN distro UNKNOWN version
Linux kernel: 4.4.0-21-generic

Procesor: Intel(R) Core(TM) i3 CPU M 330 @ 2.13GHz
Cores: 4
Architecture: x86_64
Driver: acpi-cpufreq

------------------------------ Current CPU states ------------------------------

CPU max frequency: 2133 MHz
CPU min frequency: 933 MHz

Usage Temperature Frequency
CPU0: 2.0% nan °C 933 MHzCPU1: 0.0% nan °C 1599 MHzCPU2: 1.0% nan °C 933 MHzCPU3: 0.0% nan °C 933 MHz

---------------------------- CPU frequency scaling ----------------------------

Battery is: discharging

Currently using: ondemand governor
Suggesting use of "powersave" governor

Total CPU usage: 1.5 %
Total system load: 0.06

Load optimal, suggesting to set turbo boost: off
Warning: CPU turbo is not available
Currently turbo boost is: off

-------------------------------------------------------------------------------

"auto-cpufreq" refresh in: 5^C

7.dmidecodeの使用

Dmidecodeは、Linuxで使用されるコマンドであり、プロセッサ、DIMM、BIOSなどのシステムのハードウェアコンポーネントに関する詳細情報を人間が読める形式で提供します。

CPU速度を出力するには、次のコマンドを実行します。

$ sudo dmidecode -t processor | grep "Speed"
Max Speed: 5200 MHz
Current Speed: 2666 MHz

8.Inxiスクリプトを使用する

Inxiは、Linuxでシステムのハードウェア情報を印刷するための機能豊富で強力なスクリプトです。

‘-C’オプションを指定してinxiコマンドを実行し、プロセッサ関連の情報を出力します。

$ sudo inxi -C
CPU: Topology: Single Core model: Intel Core i3 M 330 bits: 64 type:
MCP L2 cache: 3072 KiB Speed: 2128 MHz min/max: N/A Core speed (MHz): 1: 2128

結論

この記事では、LinuxOSのCPU速度情報を取得するためのさまざまなコマンドについて説明しました。 以下のコメントセクションでフィードバックをお寄せください。