Chmodを使用してBashスクリプトを実行可能にする方法

このチュートリアルでは、作成する手順を実行します bash スクリプトを作成し、chmodコマンドを使用してスクリプトを実行可能にします。 その後、shまたはを使用せずに実行できるようになります bash コマンド。

ステップ1:Bashファイルを作成する

最初のステップは、で新しいテキストファイルを作成することです .sh 次のコマンドを使用して拡張します。

$ touch hello_script.sh

ステップ2:サンプルスクリプトを書く

お気に入りのエディターのいずれかを使用して新しく作成したファイルを開き、以下を追加します bash ファイルへのスクリプト。

$ vim hello_script.sh

#!/bin/bash
echo "Hello World"

Save と close 使用するファイル :wq!

ステップ3:Bashスクリプトを実行する

を実行するには2つの方法があります bash ファイル。 1つ目は、 bash コマンドともう1つは、実行権限をに設定することです。 bash ファイル。

次のコマンドを実行して、 bash 使用するスクリプト bash またはshコマンド。

$ bash hello_script.sh

また

$ sh hello_script.sh

手順4:実行可能ファイルのアクセス許可をスクリプトに設定する

を実行する2番目の方法 bash スクリプトは 実行可能権限の設定

スクリプトを実行可能にするには +x また u+x、 にとって example :

$ chmod u+x hello_script.sh

ステップ5:実行可能スクリプトを実行する

スクリプトに実行可能アクセス許可を割り当てた後、スクリプトを実行せずにスクリプトを実行できます。 bash 示されているようにコマンド。

$ ./hello_script.sh

実行可能スクリプトの実行

もう一つの例

以下では example、私は書いて実行するつもりです bash ソースから宛先にバックアップを取るスクリプト。

$ vim backup_script.sh

#!/bin/bash
TIME=`date +%b-%d-%y`
DESTINATION=/home/kashif/backup-$BACKUPTIME.tar.gz
SOURCE=/data_folder
tar -cpzf $DESTINATION $SOURCE

Save と close 使用するファイル :wq! 次のコマンドを使用して、実行可能権限を付与します。

$ chmod +x backup_script.sh

次に、スクリプトを実行します。

$ ./backup_script

bash example  スクリプトを作成して実行する

結論

このチュートリアルの最後では、Linuxでスクリプト実行可能ファイルを設定する方法に精通している必要があります。 読んで楽しんでいただければ幸いです。以下のコマンドセクションに提案を残してください。