Ubuntu20.04にTensorFlowをインストールする方法

Tensorflowは、機械学習と人工知能のためのオープンソースプラットフォームです。 これは、GoogleBrainチームによって開発されました。 これには、開発者がMLを利用したアプリケーションとディープニューラルネットワークを構築するためのツール、ライブラリ、およびコミュニティリソースが含まれています。

TensorFlowのインストールは、システム全体で、Dockerコンテナーとして、Python仮想環境で、またはAnacondaを使用して実行できます。 仮想環境を作成してTensorflowをインストールすることは、仕事を遂行するための効率的な方法です。 仮想環境を使用すると、開発者は1台のマシンで複数のPythonプロジェクト環境で作業できます。また、他のPythonプロジェクトを中断することなく、分離された仮想プロジェクト環境内に特定のアプリケーションバージョンをインストールできます。 このアプローチは、バージョンの依存関係に関連する問題の解決に役立つ場合があります。

このチュートリアルでは、 TensorFlowをインストールします オン Ubuntu 20.04 Python仮想環境で。

前提条件

  • Ubuntu20.04サーバー
  • 最小4GBのRAM
  • Python3.8以降
  • のユーザー sudo 特権

ステップ1:Pythonのインストールを確認する

Pythonのインストールは、TensorFlowライブラリの基本的な要件です。 Python3.8はすでにUbuntuにインストールされています。 次のコマンドを実行して、PythonがUbuntuシステムにインストールされているかどうかを検証するインストール済みのPythonバージョンを表示します。

$ python3 -V

次の出力は、インストールされているPythonバージョンを確認できるターミナルに表示されます。

ステップ2:PythonVenvモジュールをインストールする

仮想環境の作成にはvenvモジュールを使用することをお勧めします。これは、Python3-venvパッケージにすでに組み込まれています。 venvモジュールは、次のコマンドを使用してインストールできます。

$ sudo apt install python3-venv python3-dev

python3-venvパッケージをインストールします

ステップ3:TensorFlowプロジェクトのディレクトリを作成する

python3-venvパッケージがUbuntuシステムにインストールされたら、TensorFlowプロジェクト用の新しいpython仮想環境を作成します。 仮想環境は、Ubuntuディストリビューションのホームディレクトリ内にある必要があります。

新しいディレクトリ内に仮想環境を作成する場合は、次の「mkdir」コマンドを実行して、tensorflow_projectという新しいディレクトリを作成します。

$ mkdir tensorflow_project

次のコマンドを使用して、前のセクションで作成した新しいディレクトリに移動します。

$ cd tensorflow_project

tensorflowプロジェクトディレクトリを作成します

ステップ4: Python仮想環境の作成(venv) とvenvをアクティブにします

これで、virtual_env(venv)と呼ばれる仮想環境を作成する準備が整いました。 次のコマンドを使用して、ディレクトリ内に新しいPython仮想環境を作成できます。

$ python3 -m venv venv

仮想環境には好きな名前を付けることができます。 上記のコマンドは、という名前の仮想環境を作成します venv これには、すべてのPythonライブラリ、pipパッケージマネージャー、および必要なPythonバイナリのコピーが含まれています。 仮想環境を使用するには、をアクティブ化する必要があります venv なので:

$ source venv/bin/activate

Python仮想環境を作成してアクティブ化する

ステップ5:pythonpipをアップグレードする パッケージマネージャー

PIPは、pipを介してインストールできるパッケージのインストールとメンテナンスに使用されるPythonパッケージマネージャーです。 PIPバージョン19以降は、TensorFlowをインストールするための前提条件です。 次のコマンドを使用して、PIPをpipバージョン19以降にアップグレードできます。

(venv) $ pip install --upgrade pip

アップグレードピップ

ステップ6:Pipパッケージマネージャーを使用してTensorFlowをインストールする

このステップでは、pipを介したTensorFlowのインストールに移ります。 次のコマンドを実行して、pipパッケージマネージャーを使用してTensorFlowライブラリをインストールします。

(venv) $ pip install --upgrade tensorflow

これにより、TensorFlowがインストールされ、最新のものにアップグレードされます。

tensorflowをインストールしてアップグレードする

をインストールするには 特定のバージョン TensorFlowのタイプ:

$ pip install tensorflow==2.6.0

ステップ7: TensorFlowのインストールを確認する

TensorFlowライブラリがUbuntuシステムに正常にインストールされると、インストールプロセスの検証に次のコマンドが使用されます。

(venv) $ python -c 'import tensorflow as tensor_flow; print(tensor_flow.__version__)'

インストールされたTensorFlowバージョンが端末に表示されます。ここにインストールしました 2.7.0 Ubuntuシステムのテンソルフローバージョン。

ステップ8: 仮想環境を非アクティブ化

特定の仮想環境を使用した後、次のコマンドを実行して非アクティブ化すると、通常のシェル環境に戻ります。

(venv) $ deactivate

結論

Ubuntu20.04システムにTensorflowをインストールするためのステップバイステップのガイドラインを提供しました。 この記事では、新しい仮想環境を作成してアクティブ化する方法について説明しました。 仮想環境内でTensorFlowのインストールを実行しました。 最後に、1つのコマンドを使用してPython仮想環境を非アクティブ化する方法について説明しました。