lsコマンド出力の色を有効にする方法

この記事では、lsコマンド出力の色の設定について説明します。 bash シェル。 Linuxでは、lsは、ディレクトリの内容を一覧表示するための日常の管理タスクで最も頻繁に使用される基本的なコマンドの1つです。

lsコマンドでディレクトリとファイルの色が異なることに気付いた場合は、この記事でlsコマンドの目的の色を設定および変更する方法について説明します。

デフォルトのlsカラー

UbuntuやCentOSなどのLinuxOSを使用している場合、デフォルトのGUIターミナルとコンソールシェルプロンプトは、さまざまなコンテキストカラーでファイルを表示します。 ただし、デフォルトで色付きのディレクトリリストをサポートしていないマシンがを使用している場合は、lsコマンドに色を追加する必要がある場合があります。 ls --color

次のコマンドを実行して、システム上のディレクトリとファイルのデフォルトの色を表示します。

$ ls
$ ls -al /tmp
$ ls -al --color /tmp

次のコマンドを使用して、色がどのように割り当てられているかを確認することもできます。

$ dircolors
$ echo $LS_COLOR

dircolors

ここでは、ファイルタイプとデフォルトのカラーリングスキームの番号コードの長いリストを見ることができます。これらは、自分で作成する方法を説明します。

lsコマンドの色のオン/オフを切り替える

lsコマンド出力の色はで定義されています bash エイリアスとして。 次のエイリアスとgrepコマンドの組み合わせを実行して、 bash カラー表示に使用されるシェルエイリアス。

$ alias | grep ls

次に、以下のコマンドを実行して、unaliasコマンドでエイリアスを削除します。

$ unalias ls

または、次を実行します オフにするls 色。

$ ls --color=none

lsの色をオフにします

スクリーンショットを見ると、エイリアスを削除した後、lsコマンドの出力が単色であることがわかります。

さて、 色を有効にする、次のコマンドを使用してエイリアスを割り当て直します。

$ alias ls="ls --color=auto"

lsの色をオンにします

スクリーンショットを見ると、エイリアスを削除した後、lsコマンドの出力が単色であることがわかります。

ここで、色を有効にするには、次のコマンドを使用してエイリアスを割り当て直します。

$ alias ls="ls --color=auto"

デフォルトの色コードスキーム

ファイルの種類と色のリストを作成するプロセスでは、filetype = colorの形式で、それぞれをコロン(:)文字で区切って、好きなだけ指定する必要があります。

以下は、デフォルト設定の配色スキームのリストです。

●色なし(白):ファイルまたはファイル名以外のテキスト(例:ls -lの出力でのアクセス許可)
●太字の青:ディレクトリ
●太字のシアン:シンボリックリンク
●太字の緑色:実行可能ファイル
●太字の赤:アーカイブファイル
●太字のマゼンタ:画像ファイル、ビデオ、グラフィックなど、またはドアやソケット
●シアン:オーディオファイル
●背景が黒の場合:パイプ(別名FIFO)
●背景が黒の太字:ブロックデバイスまたはキャラクターデバイス
●背景が黒の太字:孤立したシンボリックリンクまたは欠落しているファイル
●背景が赤で無着色:set-user-IDファイル
●背景が黒:set-group-IDファイル
●背景付きの黒:機能付きのファイル
●背景が青色の白:スティッキーディレクトリ
●背景が緑色の青色:その他の書き込み可能なディレクトリ
●背景が緑の黒:スティッキーおよびその他の書き込み可能なディレクトリ

独自のリストを作成するには、Bashプロンプトと同じ数値のカラーコードを使用するカラーコードとファイルタイプコードのリストを知る必要があります。

前景テキストのカラーコードのリストを以下に示します。

●黒:30
●:31
●緑:32
●:33
●青:34
●パープル:35
●シアン:36
●白:37

カスタムlsの色を変更する

のカスタムカラーを設定するには ls command、これは、エイリアスを更新することによっても実行できます。 ~/.bash_profile また ~/.bashrc 次のようなテキストエディタを使用してファイルを編集することにより、ファイル vim

bashrcに変更を加える前に、まずこのファイルの構成を他のファイルにコピーして、このファイルのバックアップを取ります。

$ cp .bashrc .bashrc2

間違えたり問題が発生した場合は、次のように入力して.bashrcファイルを置き換えることができます。

$ cp .bashrc2 .bashrc

それでは、vimコマンドを使用してbashrcファイルを開きましょう。

$ vim .bashrc

.bashrc

## Colorize the ls output ##
alias ls="ls --color=auto"

## Use a long listing format ##
alias ll="ls -la"

## Show hidden files ##
alias l.='ls -d .* --color=auto'

bashrclsカラーセットアップ

baschrcファイルに変更を加えたら、次にそれを保存し、以下のコマンドを実行して更新します。 bash 変更します。

$ source .bashrc

のためにしましょう example 次の手順で、これがどのように機能するかを確認してください。 ディレクトリの色をデフォルトの太字の青から太字に変更する場合は、図のようにターミナルで次のコマンドを実行します。

$ LS_COLORS=”di=1;33”

ls example 色を黄色に変える

最後に新しいキーと値のペアを追加できます LS_COLORS環境変数 または、特定のキーの値を編集するだけです。

にとって example、di = 0; 33、ここでdiは色がディレクトリにのみ影響することを意味し、0は通常の色を表し、33は色がであることを表します。

ディレクトリの太字フォントを維持したい場合、カラーコードはdi = 1; 33である必要がありますが、1は太字フォントを表します。

その他の例

次のコマンドを使用して遊んでみましょう 色を変える あなたのフォルダといくつかの特定のファイル拡張子の。

$ export LS_COLORS=$LS_COLORS:"*.txt=01;36":"*.mp3=01;31"

lsの色を変更する

ここで、.txtファイルの色がCyanに更新され、拡張子が.mp3のファイルの色が。に更新されたことがわかります。

以下の別のコマンドを実行して、ディレクトリの色を紫に設定しましょう。

$ export LS_COLORS="di=0;35"

lsの出力色を紫に変更します

カスタムカラーの設定に慣れたら、ユーザーのホームディレクトリにあるドットbashrcファイルに追加することで、これらの変更を永続的にすることができます。

結論

このチュートリアルの最後では、lsコマンドの色、それらが何を表すか、および自分の便宜のためにそれらを有効または無効にしたり変更したりする方法を理解している必要があります。 LS_COLORSを設定すると、lsリストがよりきれいに見えるようになり、ファイルシステムをウォークスルーしながらファイルを識別するのに役立ちます。