Rolling-Rhinoを使用してUbuntuローリングリリースを設定する方法

このチュートリアルでは、毎日のUbuntuLinuxインストールをローリングリリースディストリビューションに変更する方法を説明します。 つまり、新しいディストリビューションのリリースを待つ必要はなく、最新のパッケージアップデートがリリースされるとすぐに入手できます。

Ubuntuデスクトップのリード開発者であるMartinWimpressは、 ローリングライノ。 その目的は、一連の変更/パッケージの開発をオプトインして追跡することにより、Ubuntuのデイリービルドイメージを「ローリングリリース」ディストリビューションに変換することです。

このツールを使用する際には、PPAやデスクトップメタパッケージを検出できず、GUIがないなど、注意すべき点がいくつかあります。

このチュートリアルでは、Ubuntu 20.10(Groovy Gorilla)デイリービルドと呼ばれるUbuntuデスクトップの最新のデイリーリリースを使用します。 他のデイリービルドを使用して、後で使用する手順でローリングリリースにすることができます。

ローリングリリース配布とは何ですか?

ソフトウェア開発におけるローリングリリース、ローリングアップデート、または継続的デリバリーは、アプリケーションにアップデートを頻繁に配信するという概念です。 これは、以前のバージョンの上に再インストールする必要があるソフトウェアバージョンを使用する標準またはポイントリリース開発モデルとは対照的です。 アン example この違いは、Ubuntu Linuxの複数のバージョンと、常に更新される単一のArchLinuxのバージョンです。

このツールは誰を対象としていますか?

Rolling Rhinoは、Ubuntuを一度インストールし、後続のシリーズの自動追跡ですべての開発アップデートを追跡したいUbuntu開発者および経験豊富なUbuntuユーザーを対象としています。

毎日のUbuntuLinuxビルドのインストール

まず、毎日のUbuntuイメージをインストールする必要があります。 インストールは他のUbuntuバージョンと同じです。

次のフレーバーから画像を選択できます。

Ubuntuデスクトップデイリービルド
Kubuntuデイリービルド
Lubuntuデイリービルド
UbuntuBudgieデイリービルド
UbuntuKylinデイリービルド
UbuntuMATEデイリービルド
UbuntuStudioデイリービルド
Xubuntuデイリービルド

Rolling-Rhinoのダウンロード

Ubuntuのデイリーイメージのインストールが完了したら、rolling-rhinogitリポジトリをローカルディレクトリに複製します。 これは好きなディレクトリで行うことができますが、このために example、/ homeディレクトリに配置します。

ただし、その前に、次を使用してgitをインストールする必要があります。

$ sudo apt install git
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
The following additional packages will be installed:
git-man liberror-perl
Suggested packages:
git-daemon-run | git-daemon-sysvinit git-doc git-el git-email git-gui gitk
gitweb git-cvs git-mediawiki git-svn
The following NEW packages will be installed:
git git-man liberror-perl
0 upgraded, 3 newly installed, 0 to remove and 362 not upgraded.
Need to get 5764 kB of archives.
After this operation, 41,2 MB of additional disk space will be used.
Do you want to continue? [Y/n]

インストールが完了したら、ホームディレクトリに入り、次のコマンドを入力します。

$ git clone https://github.com/wimpysworld/rolling-rhino
Cloning into 'rolling-rhino'...
remote: Enumerating objects: 6, done.
remote: Counting objects: 100% (6/6), done.
remote: Compressing objects: 100% (6/6), done.
remote: Total 161 (delta 2), reused 4 (delta 0), pack-reused 155
Receiving objects: 100% (161/161), 249.96 KiB | 901.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (85/85), done.

ご覧のとおり、リポジトリのクローン作成は成功しました。 lsを使用してファイルを一覧表示することでファイルを確認することもできます。

$ cd rolling-rhino/
$ ls
LICENSE logo.txt README.md rolling-rhino snap

ダウンロードしたファイルがrolling-rhinoディレクトリにあることがわかります。 これで、ローリングサイのセットアップを進めることができます。

ローリングの設定-Rhino

これで、/ homeのrolling-rhinoクローンディレクトリに移動します。 ローリングサイを設定するために残された唯一のことは、次のスクリプトを実行することです。

$ sudo ./rolling-rhino
Rolling Rhino ?
[+] INFO: lsb_release detected.
[+] INFO: Ubuntu detected.
[+] INFO: Ubuntu Groovy Gorilla (development branch) detected.
[+] INFO: Detected ubuntu-desktop.
[+] INFO: No PPAs detected, this is good.
[+] INFO: All checks passed.
Are you sure you want to start tracking the devel series? [y/N]

スクリプトが終了するのを待つ必要があり(これにはしばらく時間がかかります…)、その後、成功メッセージと素晴らしいASCIアートが表示されます。

0 upgraded, 0 newly installed, 2 to remove and 0 not upgraded.
After this operation, 253 kB disk space will be freed.
(Reading database ... 144631 files and directories currently installed.)
Removing libfprint-2-tod1:amd64 (1:1.90.2+tod1-0ubuntu1) ...
Removing libsane:amd64 (1.0.30-1~experimental2ubuntu1) ...
Processing triggers for libc-bin (2.31-0ubuntu10) ...
[+] INFO: Your Rolling Rhino is ready.

出力ローリング-サイ

結論

毎日のUbuntuLinuxビルドイメージをローリングリリースに正常に変換しました。 これは、他のUbuntuデイリービルドイメージで実行できます。